東大阪ITシティ計画とは?

東大阪ITシティ計画は、東大阪市をITの街にしようとするグループです。東大阪市をキーワードに様々な業種、様々な立場のメンバーが集い、東大阪市のITレベルを向上させ、東大阪市が楽しい街になることを目標とします。

結成の経緯

東大阪ITシティ計画はモノづくりの街である東大阪市を今後もモノづくりの街たらしめるために結成されました。市内のとある会合で、政治家の方が「東大阪市をITの街にしてはどうか?」と発言されたことがTwitterで広まり、有志のメンバーが会合を重ねて東大阪の現状を共有化し、自分たちにできることを再確認し、会の結成に至りました。

私たちの理念には次の4つ中心に考えています。一目めには、東大阪市を技術者が働きやすい環境にし、技術者が集う町にすること。2つ目は、子どもから老人まですべての人がITを使える町にすること。3つ目は大阪市がITで楽しい町にすること。4つ目にこれらのITによって東大阪市の経済を活性化させることです。

インフォメーション

第4回会合

布施商店街えべっさんぜんざい振る舞いイベントで公衆無線LANアンケート調査を行いました。

第3回会合

会の運営方法と会の名称を決定。ここから東大阪ITシティ計画として正式に活動が開始しました。またリーダーは選挙によって選出されることを確認しました。東大阪市の新東大阪市情報化推進計画に対し、メンバーの有志で意見書を提出することを決定しました。

第2回会合

目標と具体的事業の設定を行いました。また会の名称を選挙によって決めることを決定しました。

第1回会合

週刊ひがしおおさかの呼びかけにより、ブレインストーミングを行いました。現状の認識を行い、今自分たちにできることを話し合いました。

Twitter ブログパーツ